分析と妄想

分析と妄想

タロット知識と読書と生活改善みたいな

コマンドプロンプトについて勉強中

ウェブデザイナーが苦手とするもののひとつがコマンドプロンプト、通称「あの黒い画面」だ。他にはジェークエリがなんで動かないか突き止めなきゃいけないときなどがある。

 

で、先日お客様の自社サーバにワードプレスを手動アップロードする必要があったので、そういやあの黒い画面でサーバに送ったzipをサーバ上で展開できた気がする…と思って五億年ぶりに少し調べてみた。

 

まあ結局なんか起きたら困るしということで手動FTPツールのアップロード、四千あまりのファイルがアップされてるのをただ見守る数時間みたいなことにはなったんだけどもちゃんと調べると面白い。

ディレクトリ内のファイルを全部テキストファイルで並べてくれるとか特定ファイルだけ探してくれるとか、特定のファイルやアプリを指定した時間に起動させるとか。おまえツール使わなくてもそんなことできたんか、というかそうかツールってようはこのへんをGUIで処理できるようにしてくれてるということか、そうか…みたいなやつ。

 

まあツールがあるならツール使えばいいんだけども、作業によってはコマンドプロンプトでコマンド打ったほうがはやいたぐいのものはそこそこある。

あと客先作業が必要になった時など、ツールをインストールできなかったりあれこれ制約があったりする可能性は大いにあるのでコマンドプロンプトで直接操作できるスキルがあればどんなパソコンでも似たように操れる。

説明書を読ませて作業をさせるのがGUIなら、脳の電極で直接操るのがコマンドプロンプトってかんじ。

そうかこういうことしてるからプログラマはマウスあんま使わないしオフィスの備品をローカルに繋げるときとか黒い画面起こしてるんだなー。