分析と妄想

分析と妄想

タロット知識と読書と生活改善みたいな

Fire TV Stickの接続が途切れやすかったのを2分くらいで解決

五年以上ぶりにテレビを購入して、FireStick万歳生活である。というか地上波をほとんど見ていない。

アニメは動画サイトのほうが好きな時間にCMなしで見られるし、ドラマも見てないがたぶんそうだし、バラエティは演出過剰だ。
AbemaTVがなかなかよくて、わたしもホンネテレビから見始めた口なのだけど、ホンネテレビは生だったためガヤと激しいテロップが全く存在しなかった。他の番組もその傾向があるらしい。
あとAbemaTVは配信元がすべて同じ会社だからチャンネルごとのすみわけがきちんとされている。地上波だと平日昼などどの局も似たようなワイドショーばかりで見るものがないが、AbemaTVは「アニメだけのチャンネル」が3~4、囲碁チャンネル、格闘技チャンネル、ニュースチャンネル、海外ドラマチャンネル、釣りチャンネルのように「誰でも常に特定のチャンネルが引っかかるようなつくり」になっている。
先日など幽遊白書一挙放映を展開していた。クレしん一挙とか。ゲーム実況の番組などもある。

なお私がなにげにAbemaTVで一番流しているのはCMチャンネルだ。CMを延々と流す。動画サイトを見ているとCMを見る機会がないし、見たい番組のあいだのCMは腹正しいが意識してみるとなかなかよい。長くて2分程度の映像作品が立て続けにやってくるし、おそらく自分が地上波を見ていてもお目にかからないターゲット外のものも流れてわりと楽しいし、心置きなくたれ流せる。

 

で、テレビでのそんな快適ネットライフを支える存在、Fire TV Stickである。これはamazon制のスティックPCで、HDMI端子のあるPCならばそのまま挿すことができる。あとはテレビ側でその端子を選択してやればそのままおうちのテレビで動画サイト見放題。プライムビデオも音声入力リモコンですぐに探せる。リモコンのマイクにむかって「あどべんちゃーたいむ」と発声すれば再生リストが出てくる。大型テレビでのゆっくり実況は何か不思議な感じがする。なおおうちにwi-fi飛んでることが前提。

 

が、このFire TV Stickのネット接続が最近ぶつぶつ切れる。自宅のwifiそのものはとくにおかしくないのだがぶつぶつ切れる。

で、困ってぐぐってみたところ、Fire TV Stickはリモコンに「再起動」モードがあり、これをしないとあんまりよくないらしい。購入して四カ月目くらいにして初めて知ったわ。

Fire TV Stickは取説が英語なので最低限の図解だけ読んで読み流してた。

操作は選択ボタン中央と再生ボタンの同時長押し。そういやテレビの電源は落としてたけどFire TV Stickの電源て落としてなかったな…テレビがオフになれば自動で切れるくらいだとおもってた。メモリたまりまくってたんだな。

で、一度再起動したら快適。休みなしに酷使してすまなかった。