分析と妄想

分析と妄想

タロット知識と読書と生活改善みたいな

【鑑定メモ】鑑定結果について気をつけてること

少しずつ実績も溜まってきたのでちょっとメモがわりに。

鑑定のときの私の方向性について。

自分でも何度かココナラで鑑定してもらってて、ここはこうしてほしかったなあみたいなのが少しずつたまってきたのでフィードバックしてるかんじ。

 

相談内容をタロットむきの質問に翻訳する

私は今のところタロットメインにやってるけども、タロットは「状況を読む」占いだ。

YES/NOみたいな断定は苦手。

「就職できますか?」とか「告白してOKもらえますか?」みたいな質問にはそのまま回答できない性質。

 

なんで、上記のような質問をもらったら「一か月後に内定をめぐる状況はどうなっているか?」「今の相談者さんと思い人さんの関係はどんな状態か?(=今告白してOKになりそうな関係になっているか?」みたいに、タロット向けの質問に翻訳しなおして鑑定してる。

 

どんな答えを得られるかは問いかけ方で決まる。

タロットで大事なのは、カードの読み方よりも「どう問いかけるか」であり、その判断が占い師の資質の一つかもしれないなあ、と思ったり。

 

出たカードの絵柄はすべてお伝えする

占い師さんによっては「カードの解釈が異なることがあるので絵柄はお伝えしていません」という方がいらして、確かに解釈が真逆になりがちなカードもあるし、あくまでその方にお願いしているのであればそれもありだなーと思う。

私の方向としてはカードが何を示しているのかをほんとうに正しく読み取れるのは相談者さん自身だと考えているので、絵柄の意味をざっくりお伝えして、もしよければもっとこのカードについて調べてみてくださいね、と添えてる。

 

対処方法を必ず添える

たいていのタロットのスプレッドは「障害となるもの」「対策」「課題」みたいな場所が用意されていて、そこに気を付ければ悪い結果もひっくりかえせるとか、いい結果が出ていてもそこをないがしろにしてると悪くなってしまう、というようなポイントが見られるようになってる。

 

ただ、ココナラの無料鑑定だとそういったスプレッドは4枚以上の展開なので時間短縮のためにスリーカードと呼ばれる「過去、現在、未来」を示す3枚引き、ワンオラクルと呼ばれる1枚引きが多いっぽい。

 

これだと「今はこうですね」のような断定(ワンオラクル)、「将来こうなりますね」(スリーカード)しか鑑定できない。

 

でも占いを求める方って、先が知りたいというわけではなく「よい未来がほしい」だと思う。

 

スリーカードで悪い結果つきつけられても、たんに気持ちが落ちるだけだし。そこは対策系カードも必ずセットにして出してほしいなあというかんじ。

よい結果だけ出されたとしても、それで安心できるかというとたぶん違う。なにか「できること」「心がけ」もセットで出されたほうがきっと安心できる。

 

おまもりになる鑑定を

私は占いで相談者さんが安心してほしい、鑑定結果がお守りになってほしいと思ってる。

なので鑑定結果だけでなく、それをベースにしてちょっと「すぐできそうなこと」「考え方」もご提案してる。

ペースのんびりだけどもまあそこそこ続けていけたらなー。