分析と妄想

分析と妄想

タロット知識と読書と生活改善みたいな

黄色いコピー用紙、ぺんてる「プラマン」二本

執事の手紙・ノート術という本を買ってみた。弱るとすぐこの手の本を買ってよくない。
で、まあわりとエモめなエピソードも多かったものの「ほー」と思ったことをいくつか拾い上げた。この手の本はそういうかんじの「ほー」が2割あればいい買い物だったと思う、最近。

 

で、「ほー」の一つが打ち合わせノートのとりかた。

リーガルパッドと呼ばれる黄色の大きなメモパッドを広げて内容を記述していく、というもの。
黄色いカラーは自分の意識にも呼びかけやすく、相手の印象にも残りやすく、他の資料にまぎれることもないという。

ほうほうほう、とさっそく探しにいったものの入手難度が高い。なんでか知らないが家電量販店の大きめ文具売り場等にもなくて、いやに高価でそのうえ紙質もあまりよくないらしい。

ううんでも、黄色とかA4用紙のよさとかなあ、わかるんだよなあ…

 

コピー用紙でいいじゃん。

ということでA4コピー用紙を何枚かA4ファイルにはさみ、プラマン赤黒2本で運用中。なかなかいい気がする。