分析と妄想

分析と妄想

タロット知識と読書と生活改善みたいな

GPD pocket購入した

私の原体験はワープロを布団にもちこんでもそもそ二次創作小説を書いていたことである。

それからしばらく経ってキーボードつきガラケーでまたその業界に舞い戻り、長めの文章が書きたくなったタイミングでpomeraDM20を購入した。

 

DM20はよかった。東急ハンズで購入した極小六角レンチとカラーコピーとプラ板で自作天板を作ってはしょっちゅう入れ替えて遊んだ。折りたたんだときの手のひらサイズ、さあこれから執筆するぞというキーボードの展開、ワープロに酷似した画面。

変換は確かにしょぼかったが、一番ポメラと遊んだのはDM20だった。

 

やがて上位機種のDM100が登場した。大きく少し重たいが液晶にバックライトがつき、高機能、変換力も高くキーボードも安定しているという。

たぶん、良いものだったんだとおもう。

ただ、どうしても重さ、カバンでひっかかる長さ、指紋の残る塗装、開きにくいフタ部分という小さな違和感が原因でほとんどポメラに触らなくなっていってしまった。

(フタが最大の問題だったような気がする、DM20は展開が楽しかったがDM100はとにかく開きにくいしストレスだった)

 

それからなんとか小さな持ち歩き機がほしくてタブレットbluetoothキーボードを試したり、小型ASUSノートを購入してみたもののどれもしっくりこず。

 

定期的にノートパソコンの安くて軽そうなものを探してはカゴに入れて放置を繰り返していた。

 

で、ある時GPD pocketというマクアケ産の端末を発見するのである。

 

まず「ちいさい」と思った。LOOX Uを使ったことがある。あれも小さかったがキーボードが打ちづらく、液晶が荒く小さく扱いにくかった。

スペックを見ると、フルHDモニタでありretinaに近い高解像度だという。そのうえクアッドコア、メモリ8GBなどなど、その他見ていけば10年前のメイン機相当の能力を持っているようである。そして6万円以下。

 

どうだろう、と考えた。今まで小さな端末は何度も購入したし、検討した。前述したLOOX U、なんかもう名前もおもいだせんけど8インチくらいのASUSノート、購入直前までいったyogabook(実機確認したらキーボードが文字入力に厳しすぎたのでぎりぎり見送った)

 

実機を見てから買うべき、とんでもねえ額の買い物ではないが安くもないぞと理性がしきりに力説していたし、amazonのカートに一か月くらい入りっぱなしだった。

が、仕事のストレス、転職先での外出が多くなりそうな展開、そこで持ち歩くことを考えて買った。

いや、考えてはいなかった、もう、欲しかった。理由はあとから考えた。

 

購入の最後の後押しになったのがyoutubeのレビューで、その方は小型機を何度も購入してきているようだった。LOOX Uを愛用し、yogabookも購入し、そしてGPDpocketを絶賛していた。あ、この人がほめてるならいいものだわ、と感じた。はじめて見た人だったが信頼に足ると感じたし趣向も近いと感じた。

動画では、写真ではわかりにくかったサイズ感も伝わるし、何より彼の提唱する立て持ち閲覧モードが非常に魅力的であった。


ポケットサイズのノートPC『GPD Pocket』:My Bestガジェット2017

 

というわけでようやく購入、翌日には自宅にやってきた。primeすごい。

 

まず先人の記録をありがたく参照し、キー配列を変更した。backspaceとdeliteの差し替え、半角カナボタンと全角ボタンの設置。

kindle for PCの表示のクセも先人のおかげで解決した。ノウハウを書き溜めておいてくれている人々には感謝しかない。

 

このへんとか↓
GPD Pocket設定 - Qiita

 

 

で、まあ、使用しているサービス関連のアプリがあればアプリを片っ端からインストールしてなければショートカットを作って各種アイパスぶちこんで文字サイズ変更して数日間さわってみたが、

 

いい。

 

これめっちゃいい。

 

まず、軽い。ハードカバーの本より軽い。

あと液晶が本当にきれいで、PCだと目視できないようなサイズの文字もあまり労せずに読める。タブレットや小型機を使わなくなったのはぼんやりして小さい画面が大きな要因だった。

あと、USB Type Cで給電できるのも大きい。ノートパソコンは本体自体が小型であってもACアダプタを持ち歩くとそこがかさばるしでかい。

キーボードは思っていたよりも打てる。

マイクも内蔵されており、googledocを使えば音声入力すら可能。

メモリも8Gあるため動作のもっさり感もない。

付属してくるUSBアダプタのおかげで外部モニタへの出力等も容易だ。

まさに小型ノートパソコン、なにかの代替ではない。

縦持ちの電子書籍閲覧、ネット閲覧も非常に快適である。なんなら板一枚のタブレットよりも安定して持つことができる。

 

布団の中にもちこむことももちろんできる。楽しい。

クセは強いが、使い倒せると確信できる端末だった。良い買い物だった。

これから周辺機器をそろえてみたり使いこんだりと先が楽しみなアイテムである。

あとはファンクションキーとコントロールキーが入れ替えられればもうなにもいうことはない…